ヘッダー
HOME > アウトソーシングについて
アウトソーシングについて

派遣の事ならスワン株式会社へ|アウトソーシングについて

アウトソーシングとは、従来社内で行われていた業務を外部に委託し、外部の機能や資源を活用することにより、経営効率を高め、企業の体質を強化する戦略的な経営手法のことです。

つまり、外部企業の「専門家(専門の業者)としての能力」をフルに活用することによって社内の経営資源をより重要な分野に集中させることが出来、業務効率を大幅に高める事ができます。

アウトソーシングの歴史

アウトソーシングは1980年代から注目され始め、アメリカ経済復活を支えてきたとして脚光を浴びており、アメリカでは一般的なものになっています。

日本においては当初、情報関連の分野で活用されていましたが、最近の各業界での規制緩和・国際化による競争激化などにより企業の置かれる環境が厳しさを増す中で情報関連分野だけでなく、全ての業務についてもアウトソーシングが注目されてきています。

アウトソーシングの将来性

現在、技術革新や消費者ニーズ、社会の一員としての義務や使命など、企業を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。そのスピードは年々速くなるばかりです。

そうした時代を勝ち抜いていくためには、自社の優位性や強みを明確にし、高めていかなければなりません。 例えば、営業力はあるが製造が弱いという会社は、営業力をさらに磨くために経営資源を投入し、製造は外部の専門家に任せる。 技術力は高いが営業ノウハウがない会社は、技術開発に全力投球し、営業機能をアウトソーシングする。

こういったマネジメントスタイルは、今後ますます一般化していくと思われます。

ページトップへ